映画

【コナン】映画「世紀末の魔術師」の城を紹介!ロシア語の意味も解説!

【コナン】映画「世紀末の魔術師」の城を紹介!ロシア語の意味も解説!

コナン映画3作目の「世紀末の魔術師」はコナンファンの間でもかなりの人気を誇る作品となっています!物語後半の舞台となった横須賀にあるドイツ製のおでした。

そして事件のカギとなるのがロシアの皇帝一家。秘密の地下室への入り口を開くためのロシア語のパスワードを入れるシーンはわくわくしました!

今回は世紀末の魔術師に登場するお城やロシア語について紹介していきたいと思います。今すぐ見たい方はこちらからどうぞ↓

\31日間無料お試し/

今すぐ無料でコナン映画を観る *登録は3分でできます*

【コナン】映画「世紀末の魔術師」のあらすじ

この作品は1999年の4月に、名探偵コナン第3作目として公開されました。当時は最近の映画ののように大爆発シーンがあまりなく、そのかわりミステリーや謎解き要素に力を入れていた印象でした。

 

そして、今となってはメインキャラクター常連の怪盗キッドと服部平次が、記念すべき映画初登場した作品となっています!

 

今となっては2人とも大人気キャラで、最近の映画では主人公のコナンより活躍してるのではないかというほどでしたが、今作では平次は前半でケガをして離脱、キッドも最初と最後にでるくらいです。

 

鈴木財閥が所有するインペリアル・イースター・エッグというロシアのロマノフ王朝の財宝を狙いに参上する、と怪盗キッドからの予告状が届きます。

 

しかしエッグを盗み出したキッドは、何者かに右目を打たれて負傷しまいます。打ったのは「スコーピオン」と呼ばれる国際指名手配の殺人犯であり、キッド同様エッグを狙っていました。

 

エッグを調べてみると、横須賀にある古びた城が関係していることがわかり、コナン達はその調べに行きます。

 

その城には秘密があり、それを解いたコナンでしたがスコーピオンが銃を持って動き出し、最終的にはコナンとスコーピオンの真っ向勝負になります。

 

自分は、この作品の世界感がすごく好きで、子供の時何回もビデオを見ていました。城を冒険するワクワク感と、犯人は一体誰なんだというミステリー要素も満載で、犯人がわかったときは思わず声をあげてしまいました。

 

最近のコナンはアクションがメインで犯人のインパクトが薄いようにも感じて少し寂しいです。笑



犯人の動機は?

【コナン】映画「世紀末の魔術師」の城を紹介!ロシア語の意味も解説!

出展:https://xn--nckg4rs85qp1p.com/last-wizard-of-the-century-seiran/

今作の犯人「青蘭」さんは実は怪盗ラスプーチンの末裔であり、自分の名前の中国語読み「プース・チンラン」はラスプーチンの並び替えになっていたのでした!

 

ロマノフ王朝の財宝であるエッグは、皇帝一家とつながりの深いラスプーチンの手に渡るはずだったと考えた青蘭さんは、末裔である自分が代わりに全ての財宝を手に入れようと考えたのでした。

 

最初の2人を殺害したのは、自分がラスプーチンの末裔であることがバレかけたり、サイレンサーを取り付けているところを見られたからでした。

 

しかし、小五郎を狙った理由はラスプーチンを世紀の大悪党だったと悪口を言ったからという理由でした(笑)

 

もう1人殺すとどうでもよくなっちゃうんですかね?そんなことで人を殺そうとするなんて動機が酷すぎます!

 

名探偵コナンの犯人の動機というのは、いつもくだらないことで呆れることも多いですが今回もなかなかひどいですね(笑)



城のモデルはどこの城?

作品中では、横須賀にあるお城ということでしたが、実際には横須賀にはお城はないようです。

 

モデルになったのはドイツのノイシュバンシュタイン城と言われています。これはシンデレラ城のモデルにもなったお城だそうです。

 

映画に出てきたお城の内部は、秘密の地下室やら、宝を盗もうとすると上から刃物が降ってくる仕掛けなど様々なしかけがありましたね!さすがにこれはコナンオリジナルでしょう。笑

 

「世紀末の魔術師」はロシアの皇帝をモチーフにしているのに、お城がドイツ製なのは以下の理由があります。

 

エッグ職人の香坂喜一が、ロシア人である故に香坂家の墓に入れなかった妻のマリアの遺体をお城に隠し守るために、彼女の母親がドイツ人であったことに由来してドイツ製のお城を建てたました。

 

このマリアというのは、ロシアの皇帝一家に実在した女性で、ロシア革命により一家が殺害されたときに彼女遺体だけ見つからず、生存説が囁かれいていました。

 

そして映画の中でのマリアは、その説の通り生き延びて喜一と結婚し子供生まれています。

 

その後マリアは亡くなってしまうのですが、ロシア人である故に香坂家の墓に入ることを嫌がられた喜一が、妻のマリアの遺体をお城に隠し守るために、彼女の母親がドイツ人であったことに由来してドイツ製のお城を建てたのです。

 

しかし「世紀末の魔術師」の公開後に実際にマリアの遺体が発見されて、生存説はなくなりました。

 

なので、この映画はもしもマリアが生きていたら…という想像力から生まれた作品ということになります!まさに1999年の世紀末にふさわしい、神秘的な魅力のある作品ですね!



ロシア語の意味「バルシェ、肉買ったべか」

この言葉は喜一を曾祖父に持つ、香坂夏美が子供の時から妙に残っていたというおかしな日本語です。

 

バルシェさんは肉を買ったかしら?という意味だと思う、と夏美は言っていました。しかしその正体は、

Волшебник конца века (ヴァルシェーブニック・カンツァー・べカ)

 

それがなまって「バルシェ、肉買ったべか」に変わってしまっていたのです。この意味は「世紀末の魔術師」…そう!この映画のタイトルです!

 

そしてこの言葉は、お城の中にある秘密の地下室へのパスワードでした。パスワードを押すためのボタンがロシア語のアルファベットになっていて、夏美が覚えていたおかしな日本語がヒントとなり、この言葉が出てきたのは本当に興奮しました!

 

小五郎が「どっかで聞いたことが…」なんて言っていましたが、私は「タイトルだよ!この映画の!!」と叫びたい気持ちでいっぱいでした。

 

実際にはキッドの予告状で使わていた言葉だった、ということなんですけどね。笑



まとめ

いかがだったでしょうか?今回はコナン映画「世紀末の魔術師」に出てくる城のモデルや犯人の犯行動機、そしてロシア語の意味などを解説してきました!

 

最近のコナン映画は、アクションメインだったりキャラクターのストーリーがメインだったりしますが、昔の映画はやっぱりミステリー要素がしっかりとしていていいですよね!

無料でコナンのアニメ・映画の動画を視聴する方法

無料でコナンを観る
コナンのアニメの動画を1話から配信しているのは、以下4つになります!

  1. 「U-NEXT」
  2. 「Hulu」
  3. 「dTV」
  4. 「アマゾンプライム」
 

また、コナン映画を全作品配信しているのは、以下4つになります!

  1. 「U-NEXT」
  2. 「Hulu」
  3. 「dTV」
  4. 「TSUTAYA TV」


どちらも網羅しているのは「U-NEXT」「Hulu」「dTV」になりますが、無料期間が一番長く漫画も読める「U-NEXT」のリンクを貼っておきます!


今すぐ無料でコナンを視聴

各サービスを比較した記事も書いたので、詳しく知りたい方は是非参考にしてください↓

コナンのアニメ動画を無料で視聴する方法!各サービスの比較も!

コナン映画のフル動画を全作品無料で視聴する方法!各サービス比較も!