登場人物ネタ

【コナン】そして人魚はいなくなったアニメ何話?ネタバレや伏線も!

【コナン】そして人魚はいなくなったアニメ何話?ネタバレや伏線も!

名探偵コナンの「そして人魚はいなくなった」は、意外なところで黒の組織に関する伏線がはられているといわれています。

 

今回は、「そして人魚はいなくなった」がアニメの何話なのかや、内容のネタバレとともに、伏線についても紹介します!

 

無料で視聴する方法もあるので、今すぐ見た方はこちらから↓

\31日間無料お試し/

今すぐ無料でコナンアニメを視聴 *登録は3分でできます*

【コナン】そして人魚はいなくなったはアニメの何話?

【コナン】そして人魚はいなくなったアニメ何話?ネタバレや伏線も!

出展:ytv.co.jp/conan/archive/k1169719.html

「そして人魚はいなくなった」は、アニメ222~224話にあたるエピソードです。漫画では28巻に収録されています。

 

テレビで放送されたのは2001年1月29日~2月12日です。今でも印象深いエピソードですが、アニメの放送からはもう20年も経っているんですね!ちょっと驚きです。

 

事件内容が面白いですし、平次と和葉の若干のラブコメもあるので、おすすめのエピソードです。



【コナン】そして人魚はいなくなったの内容をネタバレ

【コナン】そして人魚はいなくなったアニメ何話?ネタバレや伏線も!

出展:https://www.showtime.jp/app/detail/contents/l15vid204901400505655/

急に東京にやってきた平次に誘われ、福井県の若狭湾沖にある美國島を訪れたコナンたち。

 

この島は人魚の棲む島といわれており、不老不死だという女性の存在も話題になっていました。

 

平次がそんな島にコナンたちを誘ったのは、「このままじゃ人魚に殺される、助けて」という謎の依頼文が届いたからです。

 

しかも、あて名は平次の名前だったのに、手紙の文頭には「工藤新一様へ」と書いてありました。

 

こんな不思議な依頼文を送ってきた女性は門脇沙織というのだそう。しかし、平次が確認のために沙織に電話をしてみると、うめき声と波音しか聞こえなかったのだそうです。

 

その後、島内で沙織のことを聞いてまわりますが、行方不明らしく、沙織に会うことができません。



 

仕方なく沙織の幼馴染である島袋君恵に話を聞いてみると、ここ最近の沙織は儒艮の矢をなくし、とても怯えていたらしいです。

 

儒艮の矢というのは、年に一度行われる儒艮祭りで抽選に当たった人にだけ授与される矢で、不老不死のお守りとされています。

 

島ではこの矢をなくすと祟られると言い伝えられているようです。そして、コナンたちが島にやってきた時はちょうど儒艮祭りの日でした。

 

たまたま儒艮の矢の抽選の番号札が2枚余っていたらしく、蘭と和葉も抽選に参加することになりました。

 

そして、夜になり、抽選が開始。抽選に当たるのは3人だけですが、なんと、和葉が見事に当選しました。

 

祭りは盛り上がっていましたが、直後、場の空気が一変する事態が…。沙織の幼馴染の海老原寿美が滝で首を吊った状態で亡くなっていたのです。

 

事件の可能性が高かったため、コナンたちは情報収集に取り掛かることに。ひとまず、命様に話を聞くことにしました。

 

命様は君恵の大おばあちゃんで、130歳という超高齢の女性です。話をする時間は作ってはくれましたが、大した話は聞けませんでした。

 

翌日、寿美の通夜が行われ、それにコナンたちも参加することにしました。そして、この場でも沙織の幼馴染の黒江奈緒子が遺体で見つかってしまいました。



 

コナンと平次は一連の事件の真相を探るため、さらなる情報集めに取り掛かりますが、そんな時、神社の裏にある倉が火事になり、焼け跡から今度は君恵の遺体が発見されます。

 

まさかの事態に憔悴する一同。しかし、よくよく真実を追求していくと、信じがたい事実が浮かびあがってきました。

 

なんと、事件の犯人は火事で焼け死んだと思われた君恵だったのです。火事で見つかった遺体は歯の治療痕で身元が判別されたのですが、これにはからくりがありました。

 

実は、数日前に君恵は沙織と本土の歯医者へ行ったのですが、この時沙織が保険証を持っていなかったため、君恵の保険証を使って歯の治療を行っていました。

 

なので、治療痕で君恵だと判別された遺体は、本当は沙織だったのです。そして、さらなる事実も判明します。

 

本当は130歳の命様など存在しておらず、君恵が1人2役を演じていただけでした。

 

君恵は学生時代に金賞をとるほどの特殊メイクの技術を要していたため、普段から老婆になりすますことができたのです。

 

君恵が幼馴染を3人も殺したのは、母親の復讐でした。もともと君恵の母親が命様を演じていたのですが、3年前に火事で亡くなっています。

 

幼馴染3人が「本当に不死の体なのか試してやる」といい、母親が扮する命様がいた倉に故意に火をつけたのです。事件の真相はとても悲しく、切ないものでした。



 

ちなみに、沙織が依頼文の文頭に「工藤新一様へ」と書いたのは、桂木幸子という女性のせいでした。

 

幸子はアニメ48・49話「外交官殺人事件」(漫画10巻)に登場した女性です。

 

この事件は平次の初登場回で、新一がAPTX4869を飲んで以来、初めて元の体に戻ったエピソードでもあります。

 

この時、平次は犯人のミスリードにハマってしまいましたが、新一は見事に真実を解き明かしました。

 

その様子を見ていた幸子は、知り合いだった沙織に相談された時に平次と新一の名前を出し、「一番頼りになるのは新一」だと沙織に教えたのだそう。

 

そのため、不思議な依頼文となっていたみたいですね。

【コナン】そして人魚はいなくなったの伏線

【コナン】そして人魚はいなくなったアニメ何話?ネタバレや伏線も!

出展:https://twitter.com/shilver_conan/status/

「そして人魚はいなくなった」は、一見たくさんある事件のひとつにしか思えませんが、実はある伏線が隠されていました。



伏線が隠されていたのは名簿です。儒艮祭りでは、参加した人全員に名簿に名前を記入してもらうようになっていました。

 

そして、コナンと平次がその名簿を見るシーンがあるのですが、それに宮野志保という名前が記入されていたのです。

 

宮野志保は灰原哀の本名ですよね!宮野志保の横には魚塚三郎という名前と、ちらっとだけ黒澤陣という名前も記入されていました

 

魚塚三郎はウォッカ、黒澤陣はジンの名前だといわれています。そうなると、組織の人間が集まって不老不死のお守りを手に入れようとしていたことになりますね!

 

組織の目的ははっきりと明らかになっていませんが、ベルモットが若返りをしているということもあり、何か若返りや不老不死について調べているのではないかと考えられます。

 

「そして人魚はいなくなった」の名簿のシーンは、それを裏付ける重要な伏線といえますね。

 

また、宮野志保らのほかに、大黒連太郎という名前も記入されていたのですが、これは組織のボスの烏丸蓮耶のことなんじゃないかとも噂されています

 

本当にそうだとすると、そうそうたるメンバーで美國島を訪れたことになりますね。

 

今のところ、まだこの伏線は回収されていません。今度、どのように回収されるのかが楽しみですね!



まとめ

いかがでしたか?今回は「そして人魚はいなくなった」のネタバレや伏線について紹介してきました!

 

この回は、後に映画「から紅の恋歌」のラストシーンにも繋がる平次と和葉の名シーンがある神回ですよね!

 

さらに、黒の組織のメンバーに関わる伏線が張られている重要な回でもあります!まだ見たことがない方はぜひ一度視聴することをおすすめします!

無料で名探偵コナンの動画をみる方法

無料でコナンをみる コナンのアニメの動画を1話から配信しているのは「TSUTAYA TV」「U-NEXT」「dTV」「Hulu」の4つになります!


  その中でも無料期間が長く、映画もみれるのは「TSUTAYA TV」になります!


  名探偵コナン好きの方は「TSUTAYA TV」で間違いなしです!

\30日間無料お試し/

いますぐ無料でコナンをみる*期間内に解約すれば料金は一切かかりません*

  各サービスを比較した記事もあるので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください!

名探偵コナンを無料で見れる動画配信サービス3選!

コナン映画を無料で見れる動画配信サービス3選!